読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pinotannのブログ

消費の覚え書きと世間話です

有名ブランドの服と通販で買った服の違いって何?

若いころから洋服が好きで、ファッション雑誌を欠かさず読んでいました。

雑誌に掲載されている洋服を買うこともよくありました。

長年洗脳されていたせいか、「服は有名ブランドでなければおしゃれになれない」

そういう風に思いこんでいたと思います。

 

これは、何年か前にジャージーワンピースが流行した時に買ったものです。

もともとジャージーワンピースそのものがリバイバルだったようで、

この柄も昔からあるものらしい。

特に古さも感じませんし、気に入っています。

 

f:id:pinotantan:20150909195110j:plain

 

ただ、この服は胸のあきが大きいので、

そのまま着たらブラジャーが見えてしまいます。

たいていの人はキャミソールを見せる着方をしていましたね。

おまけに丈が短めなので、O脚が目立ってしまいます。

タイツを履かないといけないので、わたしは生足の季節には着られません。

残念ながら、着こなすためにいろいろ細工をしないといけない服でした。

ただ、着た時のいい女感はあるので、気持ちを上げる時には着ます。

 

下の写真のワンピースの素材は同じくジャージーですが、

通販で買ったものです。

布地の厚みとか品質は遜色ないと思いますが、

値段は有名ブランドの3分の1でした。

 

このノーブランドのワンピース、ものすごく着やすいです。

まず、胸のあきがちょうどよくて、首周りがすごくきれいに見えるのです。

丈もひざ下の長さだから、O脚が隠れます。

控えめなフレアースカートなので、座っても膝が出たりしません。

つまり着崩れをまったく気にしなくていいのです。

 

 

 

f:id:pinotantan:20150909194906j:plain

 

おまけに、デザインがオーソドックスなので、組み合わせもしやすい。

白いカーディガンを着ると上品でさわやかになります。

バッグや靴を上等にしたら、ホテルのランチも行けます。

 

 

f:id:pinotantan:20150904220415j:plain

 

ピンクのカーディガンも合います。

しわにならないし、はおりもので温度調節ができるから、

旅行に便利です。

 

 

f:id:pinotantan:20150904220218j:plain

 

着るのものことを考えたくない時に助かるので、

着る回数はブランドワンピースよりもはるかに多いです。

コストパフォーマンスに優れている服でした。

 

 

結局、有名ブランドの服でなくても、

価値のある服はいくらでもあるのです。

ブランドのデザイナーの美意識やセンスに乗っかって、

気分を上げたければそれを買えばいいし、

自分らしく装いたければ、気に入った服を着ていればいいのです。

おしゃれのやり方は様々だということが、

この年になってわかってきました。

 

おしゃれに対していっそう自由になれた気がしています。