読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pinotannのブログ

消費の覚え書きと世間話です

同じような服ばかり買ってしまうという悩みがあるのですが、今回それを並べてみました。黒いワンピース編

わたしは洋服が好きです。

デザインもさることながら、とくに布地の美しさに惹かれます。

服地の良いものはだいたい値段が高いので、あまりたくさん買えません。

そのために、長く着られる、いろんな着方ができる、

ベーシックな服を選ぶことが多くなります。

そうすると、

同じような服ばかり買うことになるのです。

そのため、せっかく新しく買ったのに気持ちが弾まない、

という状況に陥りました。

 

黒は顔色が悪く見えるし、

50歳を過ぎているので、

ワンピースのように全身が黒になると、

どうしても喪服っぽくなってしまいます。

あまり好きなアイテムではなかったのに、

手元に3枚も持っているのです。

 

自分の服の買い方に無駄があるのでは、と心配になって、 

黒いワンピースについて考えることにしました。

 

まず1枚目です。

最初に買った黒のワンピースです。

黒は強い色なので自分の雰囲気に合わない気がして、

若いころは買ったことがありませんでした。

 

 

f:id:pinotantan:20160820184906j:plain

これは、ハイウエストでスカートが広がって、

とてもかわいらしいデザインです。

動きやすいし、長く着られると思って買いました。

ある時期いろんなところで、

「リトルブラックドレス」という単語が使われていて、

とにかく便利とかいうことだったのです。

ま、それに乗ってふらふらと買ってしまったのですね。

 

ただ、買ってから気が付いたのですが、

生地が厚ぼったいので、沈んだ感じになります。

アクセサリーを合わせようとしても、それほど華やかな着方はできませんでした。

どう見ても喪服です。

なので、喪服として使っています。

パールのネックレスをするとバッチリです。

 

f:id:pinotantan:20160820185049j:plain

喪服だけに使うのはもったいないですが、

白っぽいジャケットを羽織って街着にするくらいです。

マフラーとかストールで変化をつけるといいのですが、

ワンピースのかわいらしいデザインは隠れてしまいます。

ただ、丈夫な生地なので、長く着られると思います。

 

 

 

次は2枚目の黒い服です。

 

f:id:pinotantan:20160820184333j:plain

 

これは着るとすごい女っぽくなります。

あまりの存在感に圧倒されて買ってしまいました。

試着したときに、こんな華やかな黒があるんだと感心したものです。

ジャージー素材のカットが特殊なのか、下へ下へ流れるように落ちるので、

からだがほっそり見えます。

美しく着ようとすると、下着もそれなりのものをつける必要があって、

手間のかかる服です。

おまけに、ワンピースだけで形が完成されるので、

いろんな着方ができるわけでもありません。

 

 これを着るために用事を作るような、

わたしにとっては特別な服です。

気軽に着られなくても、

こういう服を持っていたいのです。

 

 これが一番新しい3枚目の黒い服です。

 

f:id:pinotantan:20160820184144j:plain

どうして買ったかというと、

生地の光沢がとてもきれいだったことが一番の理由です。

機能としてはストレッチウールで動きやすいし、

すそと見ごろにポリエステルの切り替えがあって、

軽やかな黒が気に入ったのです。

軽い、しわになりにくい、楽、とわたしの洋服選びの条件をほぼ満たしました。

おまけに、サンプル品のセールなので激安でした。

どんな服にも合うので、便利です。

お気に入りのかわいい子なので、いつまでも大事にするつもりです。

 

今回整理してみたら、黒い服でもそれぞれ特徴がありました。

ブランドごとの黒のバリエーションも豊かです。

用途も違うので、まったくの無駄遣いとも言えないとわかりました。

たまに持ち物を整理すると、自分の趣味嗜好がわかってよいものです。