読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pinotannのブログ

消費の覚え書きと世間話です

わたしなりのノームコア(究極のふつう)

普通の服をかっこよく着るというのは、

おしゃれ好きの永遠のテーマと思います。

アップルの創業者、故スティーブ・ジョブスは、

デニムにセーターとかTシャツが本当にかっこよかった。

現在のアップルのCEOも同じような服を着ています。

良い人っぽさは出ていますが、かっこいいというのとはちょっと違う。

でも、シンプルな服で内面がにじむのだから成功しているともいえます。

 

服を着てかっこよくなるために一番大切なことは、

サイズがからだに合っていることではないでしょうか。

サイズが合うことは最低条件で、それに加えて必要になるのは、

その服の醸す雰囲気と自分のそれがあっていることですね。

もしくは自分の個性を引き立ててくれるものであること。

 

ごくふつうの、丸首の長袖トップスも、

首の開き具合とか、袖の太さ、生地の厚みなど、いろんな違いがあります。

そういう細かい部分にこだわっていくことで、

自分にぴったりの一着が見つかると思います。

 

わたしにとってのノームコアを考えてみました。

 

     f:id:pinotantan:20161008185144j:plain

 

麻の長袖トップス。

わざと長めに作っている袖を無造作に折り返すことで、

動きやすさとともに、手首の細さを感じさせるデザインです。

生地の織りが荒いので全体に陰影がでます。

長方形のだらんとした形なので、そのままでもいいし、

すそをスカートにいれると、また違う雰囲気になります。

 

これだけではシンプルすぎるので、ネックレスをします。

チェーンの長さがちょうどよかったのでこれを選びました。

アクセサリーの世界も奥深いのですが、そこまで手が回らないので、

本物を少しずつと考えています。

 

     f:id:pinotantan:20161008185348j:plain

 

 

ジャージースカートはからだに巻き付けるデザインだから、

動いても着崩れる心配がありません。

しわにならないし、

流れるように下に落ちる生地なので細く見えます。

 

     f:id:pinotantan:20161008185609j:plain

 

自分にぴったりの服を見つけるには、試着をするしかありません。

セールは安いし、販売員に気兼ねすることなくいくらでも試着できます。

わたしはたいていセールでお気に入りの服を掘り出しています。

 

服が主張することなく、

自分自身が引き立つというのが理想のノームコアと思うのです。

 

ほかに、ふつうでかっこいい服として注目しているのが、スポーツウエアです。

スポーツ用品店とかデパートの売り場で、街着になりそうなものを選ぶといいです。

このパンツは丈夫で動きやすくて、形もきれいです。

 

     f:id:pinotantan:20160225145724j:plain

 

ただ、こればっかり着るとおしゃれの楽しみがなくなってしまうので、

あくまで、ベーシックな服のパターンとして押さえています。

忙しくて服のことを考えていられない、

でもそこそこの見た目でいたい。

そういう時に、あわてずにすみます。