読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pinotannのブログ

消費の覚え書きと世間話です

手間を省いて料理をおいしくしてくれる道具2個

できるだけすっきりと暮らしたいと思っています。

調理器具も「あると便利」というような、ぬるいコンセプトの製品はいらないんです。

ごちゃごちゃするだけだから。

なければ立ち行かない。必須の道具だけを厳選したい。

そういう厳しい選択にかなう愛用品を紹介します。

 

 

これは、燕三条で買ったおろし金です。

燕三条は情報番組ですっかり有名になりました。

とても品質が良いと思います。

このおろし金は値段も千数百円と安かったし、すごくよくおろせます。

大根おろしがすぐに大量にできます。

しかもあまり力がいりません。

おろし金のうえに大根をのせて、撫でるように軽く滑らせているうちに、

大根があっという間に手元からなくなっていく感じです。

おかげで大根おろしを作るのが楽しくなり、結果、湯豆腐、みぞれ煮、焼き魚や焼き肉の付け合わせ、などにしています。

卵焼きに大根おろしをたっぷりのせて、だししょうゆをかけるのもおいしいですよね。

それから、刃の部分を見ていただければわかるように、比較的ザクザクした感じの大根おろしになります。雪のようにふんわりというおろしではありませんから、その点はお知りおきください。

 

 

     f:id:pinotantan:20161105150629j:plain

裏返すと薄いゴムが貼ってあり、滑り止めになっています。

この辺の心遣いもすばらしいです。

 

     f:id:pinotantan:20161105150745j:plain

 

次はフードプロセッサーです。

 

我が家のミンチ肉はこれで作ります。

タコマ、牛コマ、鶏むね肉など、フードプロセッサーでミンチにすると、

すごくおいしいです。なので、店でミンチを買いません。

自家製のミンチは入っているものがちゃんとわかりますから、安心できます。

メーカーはほかにもあるでしょうが、信頼と安心のパナソニックを使っています。

丈夫で長持ちです。

 

 

パナソニック フードプロセッサー ホワイト MK-K61-W
 

これは、ミートソースです。

タコマと牛コマを先にひき肉にして、

その後で野菜をフードプロセッサーでみじんにします。

その順番だと、肉の脂を野菜がきれいに吸いますから、

ミートソースを作るために鍋に入れても余分な油分を足す必要がありません。

さっぱりしたコクのミートソースができます。

フードプロセッサーの掃除も楽です。

     f:id:pinotantan:20161105154002j:plain