読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pinotannのブログ

消費の覚え書きと世間話です

地味な色ばかりでも明るい雰囲気が出せます

東京は黒い服の人が多いですね。

冬なんてまるで墨絵のような時があります。

若くて肌に張りがある人が黒を着ると素敵です。

華やかな黒をみつけると、感心します。

着る人によっていろんな黒の着こなしがあるので、見ていて楽しいです。

 

ただ、自分を振り返ってみると、黒はあまり着なくなりました。

きつい色だし、顔色が暗くなってしまってむずかしいのです。

年を取ってくると、地味であいまいな色の服ばっかり買ってしまいます。

 

 

うすいベージュとかグレーとか、そういう色が着ていて楽です。

顔色にも合う気がします。それに、もう年齢的に目立ちたくありません。

華やかにして「どうだ」みたいなことをしたくないのです。

でも、おしゃれはしたい。

よく見たらきれいじゃんという感じにしていたいのです。

そんな気持ちで集まったあいまいな色の服ですが、きれいな雰囲気にするために、

わたしなりのちょっとしたこだわりがあります。

一番下に白のTシャツを着るのです。

襟元と手首にちょこっとのぞかせます。それだけで印象が明るくなります。

 

     f:id:pinotantan:20161125174724j:plain

それから胸元にひかりものをぶら下げます。

若いころはシルバーの白い光が、肌がきれいに見える気がしていましたが、

最近はゴールドの黄色っぽい色がなじみます。

おもちゃのビーズみたいなアクセサリーですが、

軽いし、色使いが大好きなネックレスです。

     f:id:pinotantan:20161125174859j:plain

スカートもまたあいまいな色です。

光線の加減でグレーとかエメラルドグリーンに見えたりします。

膝が出る丈なので、チャコールグレーのタイツをはきます。

     f:id:pinotantan:20161125175143j:plain

ぼんやりした色の組み合わせですが、統一感はあります。

色合いがそろっていると、ワンピースみたいに縦長の印象が作れます。

すっきりして見えます。

 

これに、はっきりした色のバッグを持ちます。

赤でもいいです。

     f:id:pinotantan:20160920175557j:plain

水色でも合います。

     f:id:pinotantan:20161122173416j:plain

 

服の色があいまいだから、どんな色もなじみます。

服を落ち着いた色にして、

小物で雰囲気を変えるおしゃれをするようになりました。