読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pinotannのブログ

消費の覚え書きと世間話です

パークハイアットホテルのケーキと、シェ・シーマのケーキと、手作りケーキを並べました。

わたしは、あんことチョコレートが好きですが、ケーキはあまり食べません。

カロリーが高いし値段も高いし、どうしても必要な食べ物でもないからです。

ただ家族の誕生日とクリスマスが近いので、この時期にはよく食べます。

今回は、日ごろ気になっているケーキを買ってみました。

 

まず最初はパークハイアットホテルのケーキです。

これらは文句なくおいしかったです。素材も良いものを使っているし、作る人の腕もいいと思います。見た目が素晴らしいし、味も良かった。それぞれの素材がよくあっていて、バランスが取れているという感じの味です。

ここのケーキは毎年食べておこうと思います。いつも期待を裏切らないので、すごいんじゃないかなと思います。

 

これはキイチゴのムース。

f:id:pinotantan:20161226105734j:plain

これはブルーベリーのシュークリームだったかな。

ケーキの名前って難しいですね。

f:id:pinotantan:20161226110313j:plain

次は、シェ・シーマのティラミスです。スポンジが何層にも分かれていて凝ったケーキですが、生クリームのコクがわたしには足りなかった。

f:id:pinotantan:20161226110931j:plain

これは、ピスタチオとラズベリーとホワイトチョコのケーキです。

これはあま酸っぱい上品な味のケーキでした。

横から見ると、白と緑と赤のスポンジ生地がきれいです。

ここのケーキは、全体にあっさり目に作っているみたいです。

 

ケーキも、それぞれの店に特徴がありますね。

f:id:pinotantan:20161226111135j:plain

 

さいごに手作りケーキです。

一流のケーキのまねではなくて、素朴で素材の味が楽しめるケーキを目指しました。 

 

f:id:pinotantan:20160324103835j:plain

 

スポンジは卵3個に小麦粉100gと砂糖も100g、

溶かしバター20gという基本的なレシピです。

卵を室温にしておくことがコツです。

ここでは、

バターの代わりに流行りのココナッツオイルを使い、

小麦粉は全粒粉、砂糖は三温糖80gに代えました。

スポンジのふくらみを捨てて、素材の風味を追及しています。

 

クリスマスケーキに欠かせないイチゴは、

細かく切ってキルシュと砂糖を振りかけてレンジでチンしておきました。

生クリームはスーパーにあるタカナシ北海道FRESH CREAM35に、

砂糖とキルシュを加えて泡立てたものです。

 

結果は大成功でした。

170度のオーブンで25分焼くと、スポンジの表面はカリカリです。

全粒粉のつぶつぶ、ココナッツオイルの香りが合わさって、

飽きのこないしっかりした味わいになりました。

家族は喜んでくれました。

しかもホールなので2日続けて食べられて満足度も高い。

コスパもよく、たまに作ってもよいかなと思うケーキでした。