読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pinotannのブログ

消費の覚え書きと世間話です

御徒町でアクセサリーを作りました。古いものが新しく生まれ変わったようでうれしいです。

祖母の遺品を整理していたら、タンスから古い天然石が出てきました。

明治生まれの人でしたから、珊瑚玉とか、翡翠玉とかです。たぶん、かんざしにしていたものだったのではないかなと思います。ほかに紫水晶のネックレスもありました。玉が小さいのがかわいいなと思ったのですが、いかんせん古臭い。パールを足して長いネックレスにすることにしました。セーターとかTシャツにさらっとつけるような、気軽なアクセサリーに再生できればいいなと思いました。

 

JR御徒町秋葉原駅の高架下に、2K540という手作りの店が並ぶエリアがあります。そこでパールを新しく買って、ネックレスにしてもらいました。

それがこれです。

紫水晶のサイズが小さいので、パールもまた小さい玉にしました。真珠はよく見ると色あいが違います。黄色っぽいものとかピンクがかった色とかあるのですが、紫水晶が地味にならないように真っ白を選びました。

糸が強すぎると、玉が突っ張ったようになって服に沿わないとかっこ悪いので、自分のイメージなどを店の人に伝えました。留め金もいろんな種類があって選ぶのが大変でしたが、売れ筋とか人気とか聞きながら、ネックレスのポイントにもなるようなデザインのものを選びました。

一連で長いネックレスになります。これを服の感じに合わせて、紫水晶を多めに出したり、パールを多めに出したり、右と左で半分ずつ見えるようにしたりと、ハーフハーフで雰囲気を変えられるのが面白いかなと思いました。

f:id:pinotantan:20170304184304j:plain

短いネックレスとして別々に使えますし、二重にすることもできます。

祖母のタンスから出した時は、紫水晶のネックレスは古臭くて暗い感じでしたが、留め金と糸を新しくすると、それだけで華やかな感じになりました。

 

f:id:pinotantan:20170304184507j:plain

 

アクセサリーに詳しくないのですが、シンプルな天然ものをさらっとつけるのが自分に合っているかなと思います。無理のない値段で、きれいなものであればいいかなと思いました。

御徒町には小売りをしてくれたり、オーダーを受けてくれる店がたくさんあります。ダイヤを買って、好みの台座にセッティングしてもらう人が多い感じです。

 

コメ兵に行くと中古のアクセサリーが、新品よりはずっと手ごろな値段で売っています。そういうものを見ると、アクセサリーって何なのかな、ものの値段って何なのかなと考えてしまいます。換金することにはこだわらず、きれいだなと思うものをつければ十分な気がします。

祖母の思い出のアクセサリーが復活したし、自分のおしゃれになるので、満足しています。