読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pinotannのブログ

消費の覚え書きと世間話です

野菜が高騰しているときに、急場をしのぐ料理三種です。

長雨の影響か野菜が高く、品数も少ないです。

いつものスーパーに行っても買いたい野菜がありません。

そんな時には、わたしは冷凍のブロッコリーを使います。

すこし前に冷凍食品の品質が問題になって以降、

メーカーは気を付けている感じです。

 

新鮮な野菜が手に入らない時の代替品になります。

 

フライパンにオリーブオイルを入れて、

刻んだニンニクと赤唐辛子を炒めます。

この場合はじっくりと火を通したいので、フライパンは鉄製を使います。

香りが立って来たら、冷凍のままのブロッコリーを加えます。

中まで火が通るまで炒めて、塩コショウで味を調えるとできあがりです。

ペペロンチーノの野菜だけですね。

まあまあいけます。

 

 

     f:id:pinotantan:20160921152019j:plain

 

次は、値段が安くて一年中一定している小松菜を買います。

軸が硬く苦みがあるので、敬遠する人もいるかもしれませんが、

ごま油で炒めると、苦みが消えます。

青菜は強火で手早く仕上げたいので、ステンレスのフライパンを使います。

素早く高熱になるので、しゃっきりとした炒めものになります。

そこに、塩麹を加えて味をなじませると出来上がりです。

     f:id:pinotantan:20160921152201j:plain

 

残ったらタッパーに入れて保存します。

時間がたっても色落ちがしにくいので、

うどんとか煮物などの彩りに使えます。

 

自炊するとこういう使いまわしができるので、

面倒なようですが、コストは外食よりはずっと優れています。

 

 

     f:id:pinotantan:20160921155045j:plain

三つめはもやしです。

安いし栄養価も高いので、食卓にいつも載せたい食材です。

いろんな食材との相性もよいですが、

今回は作り置きの油揚げと一緒に軽く煮ます。

もやしをさっと洗って鍋に入れ、

油揚げを刻んでだししょうゆをかけて煮るだけです。

 

     f:id:pinotantan:20160921152345j:plain

 

野菜料理は簡単ですが、食材に合わせて鍋を変えると

よりおいしくできます。

じっくり火を通したい料理には鉄のフライパン。

高温で素早く炒めたいときにはステンレスのフライパン。

優しく火を通したいときには、無水調理用の鍋、という風にします。

ちょっとしたことですが、

そういうこだわりからおいしい料理ができると思います。